お供え膳の意味と正しい置き方

購入事例・よくあるご相談
小さく可愛らしい印象もあるお供え膳。お盆が近付くとショッピングセンターや百貨店などで見かけることもあるのではないでしょうか。こちらにお供えする食事は精進料理が基本です。精進料理と聞くと敷居が高そうなイメージがありますが、ポイントを押さえれば意外と難しくありません。
お供え膳にお供えする料理は以下のような構成になっています。

①親椀:ご飯
②汁椀:味噌汁・お吸い物
③平椀:煮物
④壺椀:和え物もしくはお浸しや酢の物
⑤高皿:漬物
料理は変わりませんが、宗派によって平椀・壺椀、高皿の配置の違いがあります。ご自宅の宗派を確認されて並べてください。お供え膳は、箸をご先祖様に向けて置いてください。そのとき蓋を開けるのを忘れずに。ご先祖様が食べやすいよう、気遣ってあげてましょう。

精進料理では、お肉やお魚といった動物性のものはNGです。また、ねぎやニラ、らっきょうやにんにくなど臭いのある食材も外してください。ひとつひとつの器は小さいので、少しよそえばいっぱいになります。
ご先祖様が喜ぶようなものがあれば、特別にお供えする家庭もあります。今日は何をお供えしようかな?と考える時間も故人様との繋がりを感じるきっかけになりそうです。
お供え膳は、お盆の期間中3食用意するのが基本です。ですが、毎回ご用意するのが難しい場合は、親戚が集まるとき、あるいは家族揃ってご自宅で食事するときだけなどでも構いません。
最近では、ちりめん細工でできた精進料理やフリーズドライのセットも販売しています。何より、ご家族と過ごされるときが1番の供養になります。無理なくできる範囲で用意しましょう。

ギャラリーメモリアでは、お盆のお供えも取り扱っています。お探しの方は是非ご来店ください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
Webカタログもございます。
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、ご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
ギャラリーメモリアでは、仏壇・仏事はもちろん、インテリアの知識を持った専門スタッフが、お客様が納得のいくカタチになるまでお手伝いいたします。「何を準備すればいいの?」「古い仏壇はどうする?」どんな些細なことでも、お気軽にご相談ください。