初心者もわかる!仏壇の最適な向き・置き場所・方角のポイント

仏壇・仏具の飾り方
仏壇の向きや置き場所、方角に決まりがあるの?と質問される方が多くいらっしゃいます。昔ながらの習わしやしきたりを押し付けられたら嫌だと思うのかも知れませんね。暮らしの中に息づく慣習には、ちゃんとした理由があります。どんな意味や願いが込められているかを知れば、スッキリするはず。初めての方も分かりやすく解説いたします。

  • 仏壇の向きに決まりはない・・・十方諸仏の考え方

  • 南面北座説・・・仏壇の北を背面に南を正面に

  • 西方浄土説・・・極楽浄土のある西に拝む

  • 本山中心説・・・本山に向かって礼拝する

仏壇の向きに決まりはない

仏壇の向きや置き場所、方角に決まりはなく、全方向OKです。仏教では「十方諸仏(じゅっぽうしょぶつ)」という思想があり、十方とは東西南北の4つと、乾(いぬい)の北西、坤(ひつじさる)の南西、艮(うしとら)の北東、巽(たつみ)の南東の4つに、上下の2つを合わせた10の方角です。つまり、あらゆる方角に無数の仏様が存在するという考え方であり、仏壇をどの向きに置いても構わないのです。

ではどうして、仏壇の向きを気にする人が多いのでしょうか?昔の家は仏壇のための部屋「仏間」がありました。新しい家を建てる時は仏間の場所を決めてから設計したそうです。本来は自由でも、初めに考えるなら最適な場所を選ぶのは当然ですよね。3つの説を紹介いたします。

南面北座説

南面北座は文字通り、南に顔を向けて北に背中にして座る配置です。古くより北の空に輝く北極星は、正しい方角を示す道しるべであり、全ての星々の中心と考えられてきました。古代中国の聖人孔子の言葉をまとめた論語に「天子は南面す」とあり、皇帝が北を背中にして南向きに座り人民を治めたことを意味しています。中国の長安を参考にした平安京はこの思想を取り入れて天皇の住まう大内裏を南向きに造られ、家の尊いものとして床の間や仏間、神棚を南向きにするようになりました。また、お釈迦様が説法をするときに南向きに座ったとされることから、臨済宗や曹洞宗に南向きが多いと言えます。

西方浄土説

浄土とは苦しみや悩みがなく、悟りを開いた仏様の住む世界です。様々な浄土の中で最も知られているのが、西方の十万億仏土を隔てた彼方にあるという阿弥陀如来の西方極楽浄土です。仏壇の背面を西に正面を東に配置すると、お参りする人が西に向かって手を合わせることになります。主に阿弥陀如来を本尊とする浄土真宗・浄土宗・天台宗に多いです。

本山中心説

仏教は長い歴史の中で様々な宗派に分かれ、代表的なもので13宗派あります。仏壇に手を合わせるとき、その先にある宗派の本山も一緒に拝めるように配置するのが本山中心説です。そのため宗派と住んでいる所によって仏壇を置く方角が異なります。真言宗は開祖の弘法大師空海が今も生きているという和歌山県の高野山に向かって礼拝するスタイルが多いそうです。

【13宗派の本山と場所】

・法相宗(興福寺・薬師寺/奈良県)・華厳宗(東大寺/奈良県)・律宗(唐招提寺/奈良県)・天台宗(比叡山延暦寺/滋賀県)・真言宗(金剛峰寺/和歌山県)・融通念佛宗(大念佛寺/大阪府)・浄土宗(知恩院/京都府)・浄土真宗(東本願寺・西本願寺/京都府)・時宗(清浄光寺/神奈川県)・臨済宗(建仁寺/京都府)・曹洞宗(永平寺/福井県、總持寺/神奈川県)・黄檗宗(萬福寺/京都府)・日蓮宗(見延山久遠寺/山梨県)

各宗派の違いはコラム「宗派別の仏壇」をお読みください。

まとめ

仏壇の向きや置き場所、方角は、必ずそうしなければならないという事ではありません。昔から仏壇は北向きを避けるように言われるのは、仏壇に直射日光が当たって傷みやすいからです。壁や遮光カーテンで日差しを遮りましょう。また、冷暖房機の風が湿気の影響を受けるので、少し壁から離して設置するなどしてください。落ち着いて手を合わせることができて、毎日お参りしやすい場所が最適です。

 

現代仏壇の専門店ギャラリーメモリアでは、仏事のことはもちろん、インテリアの知識を持ったコーディネーターがお伺いいたします。仏壇の買い替えのご相談やちょっと気になる質問など、何でもお気軽にご相談ください。

全国のギャラリーメモリアを探す

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
Webカタログもございます。
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、ご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。