ご飯はいつお供えするの?浄土真宗の盛り方は?

仏壇・仏具の飾り方
おいしい新米の季節になりました。ご飯をお供えするタイミングや、浄土真宗の盛り方に由来があるのをご存知ですか?お供えは古くからの慣習なので、理由を知らない方が意外と多くいらっしゃいます。ちょっと人に教えたくなるお供えの豆知識をご紹介いたします。

・ご飯はいつお供えするの?

・浄土真宗の盛り方の由来は?
・ご飯はいつお供えするの?

ご飯をお供えするタイミングは、朝ごはんの前です。お釈迦様が午前中に托鉢をされて、午後以降に何も召し上がらなかったという故事から、朝一番に炊き立てのご飯をお供えしてお参りするようになりました。お供えのご飯はしばらくしたら下げます。ずっとそのままで、ご飯がカチカチになるのは良くありません。忘れそうなら、お参りしてから退く時に下げれば大丈夫です。最近はパンやシリアル、フレークという朝ごはんも珍しくありません。亡くなった方のお好きなものをお供えしたら喜ばれると思います。
・浄土真宗の盛り方の由来は?

浄土真宗以外の宗派はご飯の盛り方にルールがないので、ふだんと同じで構いません。浄土真宗は、ご飯のお供えは仏様やご先祖様が召し上がるのではなく、食べものへ感謝の気持ちを表すものと考えられています。浄土真宗本願寺派は蓮のつぼみのように少し膨らんだ円錐形に、浄土真宗大谷派は蓮の実を表す円筒形に盛り付けます。阿弥陀如来がいらっしゃる極楽浄土は、四色の蓮の花が咲き誇っているといいます。盛り付けの前にしゃもじを少し濡らして、美しい蓮をイメージすると形作りやすいです。
ご飯をお供えする仏具を仏飯器(ぶっぱんき)といいます。モダンな仏具には、天然石やガラス製などでおしゃれなデザインのものがたくさんあります。オトシという樹脂製のカバーが付属している仏飯器は、丸洗いが出来るのでお手入れが簡単です。

仏具についてもっと知りたい方は、こちらのコラム「仏具とは」をお読みください。

モダンな仏具をご覧になりたい方は、お近くのギャラリーメモリアへお声がけください。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
Webカタログもございます。
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、ご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。