2021年(令和3年)のお盆はいつから?

購入事例・よくあるご相談

お盆はいつ?

2021年(令和3年)のお盆は、8月13日(金)から16日(月)です。お盆の日程は地域によって違い、東京・函館・金沢などの旧市街地では、7月13日(火)から16日(金)と1ヶ月早い7月盆になります。また、沖縄のお盆は旧暦で行うため毎年日付けが変わり、2021年は8月20日(金)から22日(日)です。結婚して初めて田舎に帰省したら、お盆の時期が違っていた!という事もあるのでご注意ください。

2021年のお盆休み

2021年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催による特例措置として、「海の日」は7月22日に、「山の日」は8月8日に移動していることはご存知でしょうか?オリンピックが開催されたら8月8日に閉会式が行われ、翌日の9日は「山の日」振替休日になります。つまり、お盆前の7日(土)から9日(月・振替休日)まで3連休ということ。お盆休みが13日~16日の場合で、3連休後の10日、11日、12日を休めるとしたら、8月7日から16日まで10連休にすることができます。夏休みをゆっくり過ごすのも良いですね。

お盆とは

そもそもお盆とは、日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事です。お盆になると亡くなった家族やご先祖様の霊が、あの世(彼岸、浄土)からこの世(此岸、現世)に帰ってくるとされています。一般的には13日にお墓参りをして、夕方に家の門前で「迎え火」を焚き、帰ってくる霊をお迎えします。お盆の期間は、精進料理をお供えしたり盆提灯を灯したりして、16日の夕方になると、今度は「送り火」を焚いて送り出します。送り火のなかには夏の風物詩になっている伝統行事もあり、お供えを藁や木で作った船に乗せて川や海に流す「精霊流し」や山でかがり火を焚く「大文字・五山送り火」が有名です。

詳しくはこちらをご覧ください。コラム「お盆って何するの?」

また、ギャラリーメモリアでお盆の準備はいかがですか。皆さまのお越しを心よりお待ちしております。


 

無料カタログのご案内

catalogイメージカタログイメージ

画面上ですぐにご覧いただけるデジタルカタログと
無料でお届けするセレクションカタログの
2種類をご用意しました。

住まいに合う仏壇選びに、ぜひご利用ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。