2019年春のお彼岸は18日から

仏壇・仏具の飾り方
梅の花が可憐な顔をのぞかせて、一日一日と風も穏やかになってきました。もうすぐ春ですね。2019年春のお彼岸は3月18日(月)~24日(日)です。3月21日(祝・木)の春分の日を中日(ちゅうにち)として、前後の3日を合わせた7日間となります。仏教では、生きている人のいる「この世」と亡くなった人のいる「あの世」が、三途の川で分かれているとされています。彼岸とは、三途の川の向こう側になる「あの世」であり、仏様のいらっしゃる悟りの世界です。
仏教行事におけるお彼岸は、悟りの世界へ渡るために厳しい修行を積む期間でした。また、春分の日には太陽が真東から上がって、真西に沈みます。西方の十万憶土かなたに阿弥陀如来のいらっしゃる極楽浄土があると考えられており、真西の夕日に向かって念仏を唱えれば、極楽浄土へ導かれるとされています。
厳しい修行をするお彼岸は、いつしかご先祖様を供養する日として人々の生活に定着しました。お彼岸には仏壇を丁寧に掃除したり、お墓参りをしてお経を上げてもらったりします。お墓参りには、お花・お線香・ロウソク・数珠・お供え物・掃除用具を準備します。霊園でロウソクに火を点けるとき、風で炎が消えてしまって困ったことはないでしょうか。そんな時は炎を風から守る風除け付きライターが便利です。ぜひ、お近くのギャラリーメモリアでお求めください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
Webカタログもございます。
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、ご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。