お盆は仏壇の扉を閉めるの?

仏壇・仏具の飾り方
お盆は、仏壇の前に祭壇を作り、お供え物を置いてご先祖様や故人様の霊をお迎えします。この臨時の祭壇のことを精霊棚と呼びます。精霊棚には位牌を祀り、その前に仏具や精進料理などを供えます。精霊棚のご用意が難しい場合は仏壇が祭壇の役割も担うこともあります。では、ご先祖様たちが帰って来るお盆の時期、仏壇の扉はいつ閉めるのでしょうか?
実は決まりがなく、また宗派や地域によって異なるので一概にこうとは言えません。例えば、仏壇の中に祭壇を設ける場合は開けっ放しにしているご家庭が多いようです。ですが折角のお盆、ご家庭あるいは親戚が集まり外出することもあるかと思います。そういった際は閉めておくなどライフスタイルに合わせ臨機応変に対応しても大丈夫です。仏教では「死」は「穢れ」とはみなされないので、扉を閉めて遠ざける必要はありません。逆に精霊棚を設け、仏壇の中が空になる場合は扉を閉めても問題ありません。それぞれのご家庭に合わせて扉の開閉を行ってください。

お盆の時期が本格的に近づき、ちょっとした疑問がふと浮かぶときもあるのではないでしょうか。ギャラリーメモリアでは、盆提灯などのお盆飾りも取り扱っています。お盆について気になることなどございましたら、どうぞお気軽にお立ち寄りください。

お盆コラム更新中です。他のコラムはこちらからご覧ください。

無料カタログのお届け

catalogイメージカタログイメージ

仏壇選びは、ご自宅でゆっくりと・・・。

200種類の現代仏壇と100種類の仏具を網羅した
カタログを無料プレゼント!
Webカタログもございます。
心を込めてお作りしたカタログをぜひ、ご覧ください。

お電話でのご請求

0120-596-910

(受付時間/午前11時~午後6時 年末年始は除く)

このコラムについては
八木研の広報企画室勤務。働くママ目線で、お客様の役立つ情報を発信していきたいです。